どっとこうMOTTO

電子書籍『After』(全2巻),BookLive!(http://booklive.jp/product/index/title_id/116980/vol_no/001),紀伊國屋書店(https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0012917)などで好評発売中。

【時事】イラク国民の命よりも大切なもの

戦争が始まり,戦争が終わった.この戦争に対しての意見はいろいろあるが,おそら
く共通していることは,イラク国民の命についてはかなり考えられていた,というこ
とだろう.と同時にイラク国民の命よりも大きな大義名分の話が多かったということ
だろう.


一番重要なこと,大義名分はなんだったのだろう.イラクはこれから民主化する.そ
のために戦争が起こせば,おのずとイラク国民が死んでしまうのは避けられないだろ
うし,実際に死んでいる.現状を見てもイラク国民が幸せなのかどうかはわからない.
ただ,ホワイトハウスがしきりに主張していた,大量破壊兵器が出ていないのは気に
なるところである.


では,戦争反対を訴えていた人はどうだろう.イラク国民が幸せに暮していたとした
ら,間違いなく戦争を反対することで,イラク国民の命を守ることができる.戦争が
始まったその時にアメリカが去ってもフセイン大統領による統治は続いている.これ
が良いというのなら,戦争を反対すべきだろう.しかし,フセイン大統領は隠れてし
まった.そしてイラクにはイラク国民と経済制裁が残されてしまったことをみると,
フセイン大統領がイラク国民の事を考えていたのかは謎である.


戦争を反対して得られるものはなんだろう.平和である.平和が大切なのである.こ
こでいう平和とは,戦争による死者がなくなるという意味である.そのことが重要な
のだ.何事も武力による解決がいけないのだ.


その証拠にフセインに対するデモが少ないことが挙げられる.デモをしているのは攻
撃賛成派の人たちだけだ.反対の人はせっかく国連による平和的な解決が阻害された
ことに苛立ちを覚えているのであって,フセインの善悪を問題にしているのではない
のだ(フセインは名目上はまだ灰色.ただし,国連が介入しているということは悪い
かもしれないということだ).だから,たとえフセイン政権下でイラク国民がひとり
でも多く殺されていよう(私は実際に殺されているかどうかはわからない)が,国際
社会として平和裏に解決することのほうが重要なのだ.


どちらの大義名分が正しかったのだろうか.どちらもイラク国民の命が最優先ではな
いという点では同じなのである.まさにその国の国益が優先された結果だといわざる
を得ない.当のイラク国民は実際この戦争をどう見ていたのだろうか.それは数多く
イラク国民に聞いてみないとわからない.だが,実はどちらも正しくてどちらも間
違っているのかもしれない,と私は見ている.ブッシュはノー,フセインにもノー.